セロトニン 音楽

セロトニンは音楽が心地よいと分泌が増加する

セロトニン 音楽

 

セロトニンという神経伝達物質が不足すると、うつ病を発症しやすくなると言われています。セロトニンは、ストレスやパソコン、スマホなどを使いすぎることで減っていきます。

 

せわしなく暮らす現代人にとって大切なのは、セロトニンを増やす事だと多くの人の意見を耳にするようになりました。では、どうすれば増やせるのでしょうか。

 

規則正しい生活習慣や必須アミノ酸であるトリプトファンを含む食物を摂取すること、歩くこと、日光、特に朝日を浴びることなど様々な方法がありますが、特に手軽なのは自分にとって心地よい音楽を聴くことでしょう。

 

音楽の力は偉大です。硬くなった心の奥まで浸透し感情を高めてくれるのですから。音楽がセロトニンの分泌を促してくれるのですね♪

 

心地よいと感じる事が重要

セロトニン 音楽 リラックス

 

ただ、音楽でもあまりにヘビーでけたたましい音や際どい歌詞のものは、返って逆効果になるかもしれません。心地良いと感じ、聴くことで心が落ち着いて穏やかな気持ちでいられることが重要なのです。できれば、ゆったりとした環境の中で聴く方がいいですね。

 

リラックスすることで、身体の緊張がほぐれ、幸せな気分になるのです。セロトニンが増えていくと、ストレスへ対処する力も強くなります。人は切磋琢磨されて成長するもの。ストレスが問題なのではなく、ストレスとどう向き合うかが肝心なのです。

 

生きていればいろんな出来事に見舞われますよね。どんなことがあっても前向きにその事実を捉えることができれば、生きて行くのが楽しくなりますものね。

 

モーツァルトはリラックスするのに人気が高い

セロトニン 音楽

妊婦さんが胎教にモーツァルトを聴くのはよくある話です。喫茶店でもクラシック音楽やバロック音楽をかけて、コーヒーの味を楽しめる様に工夫しているところが多いですね。静かな環境の中で心を落ち着かせ、ゆったりとモーツアルトでも聴きながら心を癒すのって素敵です。

 

日々のストレスで心がささくれ、些細なことでいらいらしがちな生活をしていると、落ち着いた時間を持つことの重要さがどれだけ大切かがわかりますよね。

リラクゼーションは幸せホルモンであるセロトニン物質の増加を促します。

セロトニンが不足していることに気づいたら、ちょっと深呼吸して目を閉じてみましょう。刺激を避け静かに自分を見つめてみると、今がメンテナンスの時期と思うことが出来、一休みできるでしょう。

 

>> 幸せホルモン【セロトニン】を増やす  TOP