セロトニン 呼吸

セロトニンは呼吸法で増えるの?

セロトニン 呼吸

 

セロトニンとは、神経伝達物質の1つで、ノルアドレナリンやドーパミンと並び体内に重要な役割を担っています。人間の精神的、身体的な面に大きな影響を与えることから幸せホルモンとも呼ばれているのです。

 

この幸せホルモンを増やす方法には食生活や運動、日光を浴びることなどが知られていますが、もう1つ、呼吸により増やす方法が挙げられます。

 

セロトニンは人間の運動機能に関与しており、特に食べ物を噛む咀嚼、呼吸、歩行といったリズム運動をスムーズに行うことができるよう働いています。この為、息を吐く、吸うなどのリズム運動を行うことは神経が活性化され、分泌を促す様になり結果的に幸せホルモンを増やすことが出来るのです。

 

セロトニンを増やす呼吸法のやり方

セロトニン 呼吸法

 

セロトニンを増やす呼吸法は、普段行なっている無意識のものとは違い、お腹の筋肉を意識して行う呼吸方法です。

 

まずはじめに

なるべく静かに、少しずつ息を口から吐き切ります。

 

次にお腹に手を当てて、お腹全体が膨らむのを意識しながら息を吸い込みます。

 

この吐く、吸う行為を5〜10回程繰り返します。

この腹式呼吸は、脳に酸素を行き渡らせることが出来るので、ストレス緩和に働くセロトニンを増やすことが出来るのです。慣れてきたら、お腹とお尻をしっかり締め、引き絞られるように息を吐き出し、その後に肛門と腹筋の力を抜いて自然に息を吸い始める方法を追加してみましょう。

 

ポイントはリズム感と意識です。ウォーキングなどの運動をしながらリズム良く行うと、幸せホルモンが活性化する為、精神面でも身体面でも強い体を作ることが期待できます。

 

セロトニンを増やす呼吸法の効果は?

セロトニン 呼吸法

 

この呼吸法を行うことでセロトニンが増え、以下のような効果が期待できます。

 

脳の活性化

 

脳の中のセロトニンが増えることにより、イライラや不安、怒りなどノルアドレナリンの暴走を抑え、ストレスに対する耐性の向上が期待できます。また脳を安定させ、脳波であるアルファー波を出しやすくします。その結果、記憶力や集中力の向上にも繋がるのです。

 

新陳代謝の促進

 

肺が膨らむことで、横隔膜が広がり血行の流れが良くなります。そして肺活量も鍛えられ、心肺機能も向上します。

 

自律神経の調整

 

セロトニンは、心臓、血圧、代謝などを管理している自律神経の働きを助けています。つまりセロトニンの分泌量の増加が、交感神経と副交感神経のバランスを整えてくれるのです。他にも、姿勢が良くなる、ダイエット効果があるなど様々な効果が期待出来るのです。

 

 

>> 幸せホルモン【セロトニン】を増やす  TOP